FAQ > 顔料素材事業
既存の電灯は金属を利用した電極を使用します。電灯が明るくなるにつれて電流が流れ、この電流は金属部位でかなり高熱になり、黒化が生じます。 このような金属電極の黒化現象のためにランプの寿命が一般的に10,000時間ほどにしかならないのです。これに反してセラミック電極はSputteringという 黒化現象がなく、ずっと長い寿命を保つことができるのです。また、水銀の消耗量も既存の電極に比べてだんとつに低いため、水銀消耗による寿命短縮も少ないという長所があります。
TOP
既存の電灯はかなり高い電圧で放電が起こり、多くの発熱が起こります。このような要素はすべての電気消耗量を増加させます。しかし、セラミック電極を利用した電灯は低い電圧で放電が起こるので、電灯の発熱現象をずっと減らし、熱によって失われるエネルギーの損失が少ないので、より高いエネルギー効率を持つのです。また、セラミック電極を利用した電灯は明るさの調節(Dimming)を直線的に調節可能です。 既存の電灯は明るさの調節をする場合、かなりの量のエネルギー損失と 電灯の寿命減少が発生するのに対し、セラミック電極を利用した電灯はこのような現象がまったくありません。
TOP
前記の質問に続いて、エネルギー損失が少ない電気消耗量という長所があるので、環境にやさしいです。また、セラミック電極を利用した電灯は、少ない水銀量を利用して長い時間の点灯が可能なので、重金属の汚染と炭素排出量を減らすことができる長所があります。
TOP
最近、話頭となっているLEDは一般照明市場で本セラミック電極を利用した電灯と競争するだろうと予想さ れています。そして、間違いなくLEDから漏れ出す水銀がないというのは長所になり得ます。しかし、下記に記述したような問題点を見過ごす事ができないの もまた事実です。
  • 1.LEDは点光源としていくつかのLEDを組み合わせてこそ一般照明に適用が可能で、これに伴う信頼性はまだ確保されていません。.
  • 2.ランプではない半導体チップなので、既存ランプ対比高価(約10倍)なために、一般人たちが簡単には使用し辛く、半導体製造工程上、多くのエネルギーが消耗されます。
  • 3.LED光の特性上、直接人の目に当てることができないので、必ず全面に拡散板をつけなければならないのですが、LED自体が持つ効率も十分に具現できないだけでなく、拡散板などを作るためにも多くの炭素排出が必要となります。
このように、全体製造工程上を振り返ってみると、ずっと多くの炭素排出量を示しているのです。しかし、本セラミック電極を利用した電灯は、現存するランプのうち、最も優秀な環境にやさしい製品であるだけでなく、前述したように、長い寿命、照度調節によるエネルギー節減などが優位点であると言えます。
TOP